日本宇宙少年団 南種子町宇宙科学分団

 ようこそ、南種子町宇宙科学分団のホームページへ!
 私たちの南種子町宇宙科学分団は、1984年8月28日世界で一番早く結成された、日本唯一の実用衛星打上基地「種子島宇宙センター」がある南種子町の宇宙少年団です。日本宇宙少年団は,1986年5月8日に結成,アメリカでは,1984年10月にレーガン大統領の宣言によって、結成されています。
 今年(2021年)は、結成38年目の活動となります。引き続き、各団体などの助成金を活用して、「第7回宇宙のまちキャンプ」を7月25日から8月1日、「2021サマーキャンプin硫黄島」を8月3日から8日に予定しています。科学実験や郷土学習など毎月実施し、青少年の健全育成を図っていきます。


■お知らせ■  2021年10月12日更新


2021年度第8回活動「天体観測~月面X(エックス)を観察しよう!~」の中止について
 
 2021年第8回活動は、「天体観測~月面X(エックス)を観察しよう!~」でしたが、天候不良のため中止とします。


 2021年度第9回活動「ウォークラリー大会~郷土を知ろう~」のご案内
 
 2021年第9回活動は「ウォークラリー大会~郷土を知ろう~」です。集合場所及び内容については、決定次第掲載いたします。

日  時 2021年11月06日(土)13時30分受付 14時から17時まで
集合場所 後日掲載いたします。
内  容 後日掲載いたします。
単津リーダー  立石大悟、田中剛、迫田、上浦リーダーです。


※第10回活動「宇宙へはばたく凧と黒糖づくり体験」は、当初12月11日を12月12日(日)に変更します。

■2021年8月29日 
宇宙のまちキャンプ2021~本物の感動がここにある!~及び「2021サマーキャンプ硫黄島~さあ行こう!火山とジャンベと友情の島へ!~」の活動報告を「活動内容」のタブに掲載しました。


2021年06月02日からカウント