2017年度活動報告

■2017活動参加状況

第1回活動「第34回入団式」 第2回活動「スプリングキャンプ2017」

 2017年4月29日(土)から30日(日)南種子町自然の家において、第1回活動「第34回入団式」及び第2回活動「スプリングキャンプ2017」を行いました。2017年度は、55名(小学生42名;4年13名、5年生18名、6年生11名、中学生8名、 高校生5名)の団員と18名のリーダー73名で活動を行います。
 入団式では、福留和弘分団長が「1年間楽しく活動しましょう。」とあいさつし、社会教育課坂口伸二係長が「科学する。挑戦する。友情の輪を広げる活動を」と来賓のあいさつを行いました。「分団綱領」を石堂陽斗さんが読み上げ、「誓いの言葉」を園田義孝さんが行いました。その後、リーダー紹介、写真撮影を行い、第34回入団式を閉式しました。
 入団式終了後、スプリングキャンプを行い、今年度は6班に編制し、分団の歴史を学んだ後、班毎に別れ、班長、副班長、班の名前、1年間の研究テーマを決めました。その後、夕食や露天風呂体験などを行い、友情の輪を広げました。翌日は、朝食、清掃、紅白対抗サッカー大会を行い、10時に第2回を終了しました。
 参加団員42名、リーダー9名 来賓7名 58名



※その他の活動写真はここからご覧下さい。
■入団式   ■スプリングキャンプ 


第3回活動「ロケットのお話し」

 2017年5月13日(土)14時から種子島宇宙センター科学技術館において、第3回活動「ロケットのお話し」を行いました。分団のリーダーでもある元JAXA鹿児島宇宙センター所長の園田昭眞さんを講師に、途中休憩とクイズを入れながら、16時までロケットについて学習しました。ロケットの歴史や仕組みなど多くのことを学びました。
 参加団員39名  リーダー9名 他4名 計52名


※その他の写真はここからご覧下さい。
 ロケットのお話し


第4回活動「おもしろ科学実験Ⅰ」

 2017年6月10日(土)14時から南種子町中央公民館第1会議室において、第4回活動「おもしろ科学実験Ⅰ」を行いました。今回は、虫除けアロマキャンドルづくりを行い、団員たちは、クレヨンを削ったり、フライパンで溶かしたりして、素敵な虫除けアロマキャンドルを作り上げました。
 参加団員29名  リーダー7名 計36名


※その他の写真はここからご覧下さい。
 おもしろ科学実験Ⅰ


第5回活動「宇宙のまちキャンプ2017~本物の感動がここにある!~

 2017年7月25日(火)から31日(月)まで7日間の「第3回宇宙のまちキャンプ2017~本物の感動がここにある!~」を全国から参加者を募集し行いました。申込者129名、決定者95名(キャンセル4名)で91名の子どもたちが7日間の集団生活を19人のリーダーたちを行いました。1日目は、ウェルカムパーティ 2日目は、稲刈体験、水ロケット製作・大会、3日目は、広田遺跡ミュージアムで学習、シーカヤック体験、海水浴、マングローブ学習、千座の岩屋体験、4日目、町内視察(種子島宇宙センターなど)、屋久島キャンプ、5日目は、九州最高峰「宮之浦岳」登山、6日目、大川の滝体験、種子島へフェアウェルパーティ、7日目は、キャンプ総括、解散式。あっという間の7日間でした。人生に於いて大切なものが見つかったかな?

※その他の写真はここをクリックしてください。


第6回活動「2017サマーキャンプin北九州」 ~さあ行こう!もう一つの宇宙と友情の場所に~

 2017年8月17日(木)から20日(月)まで3泊4日間の「2017サマーキャンプin北九州~さあ行こう!もう一つの宇宙と友情の場所に~」を実施しました。種子島から26名リーダー4名の参加、九州大学では大分から4名、福岡から35名が参加し交流を図りました。キャンプでは、友好都市八幡東区長表敬、環境ミュジアムで環境の学習、いのちのたび博物館で、生命の歩みを学習、スペースワールドでは、今年で閉園。もう一つの宇宙を体験しました。また、19日には、宇宙基礎講座in九州大学に九州からの仲間たちとの交流や宇宙飛行士適性検査やフライトシュミレーション体験、風洞で飛行機の翼を持って風のながれを体験しました。麻生先生をはじめ福岡分団の皆様お世話になりました。
 参加された皆様、また来年逢いましょう。

※その他の写真はここをクリックしてください。


第7回活動「史跡めぐり~ウォークラリー~」

 2017年9月2日(土)13時30分から17時まで、南種子町自然の家に集合し、島間地区をウォーキングしながら、各箇所に設置された設問(12問)を全員で解きながら、約2時間で、自然の家体育館にゴールしました。中には、全問正解の班もあり、島間地区の歴史と文化に触れることができました。
 参加者 団員33名 リーダー6名 計39名。

※その他の写真はここをクリックしてください。


■2016活動報告

第1回活動「2016入団式」

 5月7日(土)14時から南種子町自然の家において、2016年度入団式を行いました。2016年度は、団員60名、リーダー21名、計81名で活動いたします。
 入団式では、今年4月転入した福留和弘分団長が「楽しい1年にしましょう」と開会のあいさつ。南種子町教育委員会遠藤修教育長が「歴史と伝統のある南種子分団で、友情の輪を広げましょう」と来賓あいさつを行いました。その後、橘鞠歌さん(中1)が綱領朗読を先導し、誓いの言葉を古市裕太さん(中2)が行いました。リーダー紹介、記念撮影を行い、閉式しました。
 来賓は、遠藤修教育長、鶴田静彦西野小学校長、森吉研一長谷小学校長、永留良隆島間小学校長、丸山潤一郎大川小学校長、西村真南種子町中学校長、坂之上辰志指導主事(座席着順)にご出席いただきました。

 参加者数 団員37名 リーダー14名 来賓7名 合計 58名
 (参加リーダー;福留、小西、石堂、浦門、濱田、渡邊、上浦、小西智、椎葉、園田、神田、小山、重信、安樂)


第2回活動「出会いと友情のスプリングキャンプ」

 2016年5月7日(土)入団式終了時から8日(日)10時まで、南種子町自然の家において、第2回活動「出会いと友情のスプリングキャンプ」を行いました。
 日程について、安樂朋陽リーダー、分団歴史について、椎葉和馬リーダーが説明しました。その後、班毎に、集まり、班長、副班長、班の名前、1年間の研究テーマを決定し、濱田裕太郎リーダーと浦門ありさリーダーの進行で、全体会を行い、各班毎に発表しました。また、班研究のテーマについての講評を園田昭眞(元JAXA鹿児島宇宙センター所長)リーダーが行いました。
 各班毎に、夕食づくり班、夕食会場・食器等の準備班、五右衛門風呂準備班に分かれ、全員で準備しました。夕食は、定番のカレーとサラダでした。
 班で決定した事項は、プロフィールのページに掲載していますのでご覧ください。
 参加者数 団員37名 リーダー13名 合計51名
(参加リーダー;福留、小西、石堂、浦門、濱田、渡邊、上浦、小西智、椎葉、園田、神田、小山、重信、安樂)
  

第3回活動「おもしろ科学実験Ⅰ」

 2016年6月25日(土)13時30分から南種子町中央公民館第1会議室において、第3回活動「おもしろ科学実験Ⅰ」を行いました。
 今回の実験は、「アロマキャンドルづくり」「プチロケットを飛ばそう」でした。空き瓶と廃油、アロマ、たこ糸、クレヨン、フライパン、ガスコンロ、割り箸、クリップ、ハサミを準備し、アロマキャンドルづくりを行いました。団員は、好きな色のクレヨンを削り、廃油に溶かして、アロマオイルを入れ、それぞれのキャンドルをつくりました、固まる間に、プチロケットをつくり、バブやアルコールなどを使って飛ばしました。
 参加団員23名 リーダー 福留、小西、立石、渡邊、濱田、上浦、浦門 7名 計30名
 ■ここをクリックすると他の活動写真がご覧いただけます。

第4回活動「宇宙のまちキャンプ2016」
 
 2016年7月25日(月)から31日まで、6泊7日の「宇宙のまちキャンプ2016」を実施しました。昨年度、宇宙のまち暮らし応援協議会主催で、国の補助を受けて実施しましたが、本年度は事業終了のため、参加要望の多さに、南種子分団主催で実施しました。全国から募集し、最終的に60名が参加しました。南種子町自然の家で3泊、屋久島青少年旅行村で3泊の日程で、稲刈り体験、種子島宇宙センターなど南種子町内史跡等めぐり、縄文杉登山、屋久杉箸づくり体験、海水浴などを行い、7日間の体験キャンプを終了しました。特に、縄文杉登山は、往復19kmを10時間30分かけて歩き、途中雨に会いましたが、子ども達は達成することができました。これからの人生の大きな自信になりと思います。リーダーに皆さん、本当にご苦労様でした。
活動写真は、写真をクリックしてください。2分割されています。

第5回活動「2016サマーキャンプin阿蘇」
 2016年8月2日(火)から5日(金)まで、「2016サマーキャンプin阿蘇」を実施しました。「宇宙に町キャンプ」から引き続き参加する子ども達が多く、少人数で楽しいキャンプができました。キャンプは、南阿蘇村くぎの教育キャンプ場で実施し、2日目は、村内ウォークラリーで問題を解きながらゴールし、南阿蘇村の歴史や文化を学びました。また、名水百選「白川水源」、高森湧水トンネル公園など湧水と人々の暮らしを体験しました。3日目は、清掃ボランティア活動や寄付金の贈呈などを行い、午後から通潤橋や高千穂峡を見学しました。あっという間の3泊4日のキャンプでした。参加者16名 リーダー 小西嘉秋、濱田裕太郎、小西智奈美3人。
活動写真は、写真をクリックしてください。2分割されています。

「YAC九州地区合同キャンプ2016」

 2016年8月19日(金)から21日(日)にかけて、国立大隅青少年自然の家において、YAC九州合同キャンプ2016が開催されました。南種子町宇宙科学分団は、鹿児島支部主催で開催された水ロケット大会には参加したことは、ありましたが、今回初めての参加となりました。出校日の関係で、20日(土)の午後から参加となりましたが、九州地区の団員と友情の輪を広げることができたようです。水ロケットの製作や星空観察、21日のYAC九州地区水ロケット大会では、南種子町宇宙科学分団が1位(澤田鉄平くん)、2位(松村心さん)となりました。
 参加者 石堂陽斗、園田夕海、松村心、澤田鉄平、風間竜乃介 小西嘉秋 6名
活動写真は、ここをクリックしてください


第7回活動「ニュースポーツ大会」

 2016年10月22日、土曜日14時15分から16時まで、茎南小学校体育館で「ニュースポーツ大会」を開催しました。当初の計画は、ウォークラリー大会でしたが、あいにくの雨のため室内でできるニュースポーツを行いました。
 オーバルボール(4組で楕円の玉を転がし点数を競う。)では、リーダーチームも参加し、大人げなくゲームを行っていました。また、ビーンボーリング(あらかじめセットしてあるピンをめがけてボールを転がし、ピンを回転させて得点とするゲーム。)では、ストライクが連発しました。最後に、ドッジビー(ドッジボールのボールをディスクに変えたゲーム。)では、汗だくになりながら、ゲームをしていました。残念な雨も、たまには室内でのゲームも楽しい時間でした。
 参加団員24名 リーダー 福留弘和、小西嘉秋、石堂裕司、上浦毅洸、浦門ありさ、神田さおり、渡邊康宏 7名



第8回活動「おもしろ科学実験Ⅱ」

 2016年11月26日土曜日、13時受付。13時30分から16時まで、南種子町立中央公民館第1会議室において、「第8回活動おもしろ科実験Ⅱ」を行いました。今回の活動は、鹿児島県再生可能エネルギー教室事業の協力を得て、①環境・エネルギーについての学習、②ソーラーバッタ工作、③バッタ相撲大会の内容で行い、団員32名、リーダー 福留分団長、立石大悟リーダー、濱田裕太郎リーダー、渡邊康宏リーダー、浦門ありさリーダー、小川和輝リーダー6名 県の担当者2名 計40名が参加しました。


第9回活動「第3回宇宙へはばたく凧づくり教室」
 
 2016年12月10日土曜日、13時30分受付。14時から17時まで、南種子町立中央公民館第1会議室において、「第3回宇宙へはばたく凧づくり教室」を行いました。2017年1月に行われる「宇宙へはなたけ凧あげ大会」出場用の凧をつくりました。ぐにゃぐにゃ凧を全員で製作し、グラウンドで試飛行を行いました。空高く上がる凧やなかなか上がらない凧など様々でしたが、団員は、それぞれ工夫をしながら楽しんでいました。
 参加団員35名。リーダー 小西嘉秋、小山のぞみ、小西智奈美、浦門ありさ、濱田裕太郎 計40名



2015年度活動
第1回活動「2015入団式・施設見学」

■第1回活動「入団式・施設見学」 2014年4月26日(土)14:00~17:00 宇宙科学技術館
                   団員56名、リーダー11名 来賓他23名  計90名
 
 4月25日(土)、14時から種子島宇宙センター科学技術館で、2015年度入団式を行いました。宇宙留学生を含む39名が入団し、小学生50名、中学生19名、高校生3名、団員計72名、リーダー15名 合計87名となりました。

 入団式では、谷口勉分団長が、「3つの活動指標に基づいて活動していきましょう」とあいさつし、来賓として長尾種子島宇宙センター所長が「2015年度は、3機のロケット打上を予定している。H-2A,H2-2B,ブースターの数が違う、3機とも違う種類のロケットなので、音の違いなど感じて欲しい」、また、南種子町教育委員会の坂之上指導主事が「宇宙留学生は、宇宙少年団で学んだことをいっぱい持ち帰って欲しい」とあいさつしました。

 来賓として、川路中平小学校長、長田花峰小学校長、安藤平山小学校長、福井島間小学校長、丸山大川小学校長、大脇南種子中学校教頭、鶴田西野小学校長、髙田社会教育課長、柳野長谷小学校教頭先生にもご出席いただきました。また、今年度は、西之表市から3名の団員が入団し、現和小学校浜田校長先生もご出席いただきました。

 松本零士理事長、若田光一宇宙飛行士、山崎直子宇宙飛行士、金井宣茂宇宙飛行士のメッセージをリーダーが代読し、綱領を南種子中学校3年石堂夏葵さんが先導し全員で朗読しました。また、誓いの言葉を古市裕美香さんが行いました。
 終了後、実物大ロケットの前で記念撮影。施設見学を行いました。

写真をクリックすると他の活動写真がご覧になれます。

第2回活動「スプリングキャンプ2015」

 2015年5月9日(土)14時受付14時40分から10日(日)10時まで、南種子町自然の家において、スプリングキャンプを実施しました。参加団員56名、リーダー 谷口、小西、石堂、小川、崎田、立石、重信、安樂、小山、浦門、中峯 11名 計67名。               
 
 キャンプでは、入所式で小西嘉秋副分団長が今回のキャンプの意義についてあいさつし、石堂裕司事務局長から、日程説明。安樂リーダーから五右衛門風呂の入り方、翌日の清掃作業分担について説明がありました。その後、団員は、班ごとにわかれ、自己紹介を行い、班長、副班長、班の名前、1年間の研究テーマを決定しました。全体で班で決定した事柄について発表を行い、割り当てられた、作業につきました。

 夕食づくりは、1班2班の担当で、カレーとサラダを作りました。夕食後、五右衛門風呂体験、温水シャワー等で入浴を済ませ、21時に就寝しました。
 
 翌日は、整列5分前には、朝のつどいを行い、それぞれ昨日の反省を行い、上浦リーダーの先導でラジオ体操をおこないました。朝食は、おにぎり、スクランブルエッグ、サラダ、ウンナー、タケノコ入り味噌汁、ヨーグルッペでした。清掃作業を行い、10時には解散しました。

写真をクリックすると他の活動写真がご覧になれます。

 


第3回活動「おもしろ科学実験1」

 2015年6月27日(土)14時から17時まで、第3回活動「おもしろ科学実験Ⅰ」を中央公民館第1会議室で行いました。安樂朋陽リーダーの指導のもと、型紙で、ロケットを作成し、空き缶にアルコールを吹きかけ点火、ロケットを打ち上げました。

 参加者全員で、高さを競う大会を実施し、おもいおもいのロケットを打ち上げ、歓声を上げていました。中には、1mほどのロケットを作り、空き缶の発射台で打ち上げ、見事に浮いたときには、拍手が起こりました。子ども達は、ロケットの飛ぶ仕組みを学習し、8月16日打ち上げ予定のH-2Bロケットをまた違った角度から見学できると思います。 
 参加団員40名 リーダー;安樂朋陽、中峯清光、立石大悟、小西嘉秋、上浦毅洸 5名

写真をクリックすると他の活動写真がご覧になれます。

第4回活動「第1回宇宙へ飛び出せ水ロケット大会」
 2015年7月5日(日)9時30分から17時まで、種子島宇宙センター厚生棟において、第1回宇宙へ飛び出せ水ロケット大会」を開催しました。連日の雨の中、当日も天候に恵まれず、雨の中、厚生棟において、イプシロンロケットやH-2A、H-2Bロケットのフェアリングの設計責任者で川崎重工の駒田禎彦課長の「フェアリングの仕組み」についての講演や若田宇宙飛行士の恩師で九州大学大学院麻生茂教授の「水ロケットの製作」講義・演習など、子ども達は、日本の第一線で活躍している先生の話に、目を輝かせていました。今回の事業は、子どもゆめ基金を活用しました
活動写真
 フェアリングの素材を、子ども達さわるなどの体験を行い、ペットボトルで水ロケットを製作しました。雨の晴れ間を見て、打上を行い、飛距離を競いました。
 参加者 子ども47名、大人21名 計68名。




■写真をクリックすると他の活動写真がご覧になれます。

第5回活動「2015サマーキャンプin硫黄島」

 2015年8月3日(月)~7日(金)三島村、硫黄島で、サマーキャンプを実施しました。3日(月)は、中央公民館で出発式を行い、鹿児島市内泊。翌日、フェリーみしまで、一路硫黄島へ。竹島を経由し、硫黄島。キャンプは、ジャンベ学校の前。テントを張り、夕食、星空観察。ウオークラリー大会、ジャンベ体験、線香花火は今後の研究課題となり、東温泉、地元子供会との交流など、盛りだくさんの活動を行いました。6日(木)テントが突風で飛ばされ、けがはなかったものの、分団としては、痛い出費になりました。その日は、ジャンベスクールに宿泊。
 しかし、参加団員は、とても貴重な経験をしたと思います。次回は、どこだ。
 参加者 団員32名、保護者4名、リーダー5名 計41名。


第6回活動「みなみたね宇宙ゆめ物語
 
 第6回活動は、2015年9月26日(土)から27日(日)「第2回みなみたね宇宙ゆめ物語」の活動を行いました。あいにくの空で、星空観察はできまでんでしたが、映画鑑賞「銀河鉄道999」を上映し、夕飯は、バーベキューを行いました。今回のゆめ物語は、1泊2日で実施し、自然の家に宿泊しました。


■写真をクリックすると他の活動写真がご覧になれます。

第7回活動「おもしろ科学実験2」

 2015年10月24日(土)14時から17時まで、第7回活動「おもしろ科学実験2」を南種子町研修センター2階大会議室で行いました。今回は、久しぶりに綿あめづくりを行い、空き缶に穴を開けたり、仕組みについて学習したりしました。

■写真をクリックすると他の活動写真がご覧になれます。

第8回活動「ウォークラリー大会」

 2015年11月28日(土)14時から17時まで、第8回活動「ウォークラリー大会」を行いました。今回は、町保健福祉課との共催で実施し、河内温泉センターから花峰小学校前折り返しのコース約8kmを10問の設問を班で解きながらゴールを目指しました。
 開会式では、株式会社エルグ・テクノの松元インストラクターの指導による「歩き方の基本」を学んでから、14時12分に河内温泉センターを出発ました。
 参加者は、団員含めて約100名。


■写真をクリックすると他の活動写真がご覧になれます。

第9回活動「第2回宇宙へはばたく凧づくり教室」

 2015年12月12日(土)14時から第9回活動「第2回宇宙へはばたく凧づくり教室」の活動を行いました。当日は、町職域駅伝大会も開催され、参加者は25名と少なかったのですが、ダイヤ凧の製作など充実した活動ができました。担当リーダーは、福嶋燿リーダーと上浦毅洸リーダーでした。ご苦労様でした。

■写真をクリックすると他の活動写真がご覧になれます。


第11回活動「コラージュづくり」

 2016年2月27日(土)14時から南種子町立中央公民館において第11回活動「コラージュづくり」を行いました。団員は、1年間の活動を振り返り、活動写真を切り抜いて1枚の用紙に班毎のまとめました。また、班研究のまとめも併せて行いました。作成した「コラージュ」は明日の第32回南種子町生涯学習大会で展示します。ご覧ください。



第12活動「納会」

 2016年3月5日(土)南種子町生きがい活動室において、2015年度納め会を行いました。団員への修了証、皆勤賞の授与を行いました。その後、1年間の活動をスライドと映像で鑑賞しました。
 団員の皆さん、1年間ご苦労様でした。納会終了後、リーダー連絡会を行い、2016年度の活動について話し合いました。